【楽天?SBI?】社会人2年目はどの証券会社で積立投資をしている?/ 結論:●●証券を使っています

株式投資
スポンサーリンク

今回は、社会人2年目の私がどの証券会社で積立投資をしているかについてお話ししたいと思います。

社会人2年目のリアルな積立の実態を公開しているので、参考になれば嬉しいです。

○おすすめできる人

  • まだ積立投資をしていないけれど、積立投資に興味がある人。
  • 社会人になって投資をしてみたいけれど、証券会社の選び方が分からない人。
  • 投資をしている中で他の人の積立銘柄も見てみたい人。

スポンサーリンク

1 積み立てている銘柄と金額

私は、毎月こんな感じで積立をしています。

  • つみたてNISA:eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)  40,000円
  • iDeCo:eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)  12,000円
  • 米国ETF:VIG  1口
  • 投資信託:iFree レバレッジ NASDAQ100  10,000円

ちなみにつみたてNISAは2021年の3月から積立開始したので、2021年度は月割りにすると月40,000円積み立てています。

またVIGに関しては、この記事を書いている時点で、VIG1口=160ドル、1ドル=110円なので、月に約17,000円程度積み立てていることになりますね。

ですので、合計すると月に79,000円ほど積み立てていることになります。

本業の月の手取りが20万円ほどなので、給料の40%程度を積立投資に回しています

本当はもう少し(50%程度まで)投資比率を上げたいのですが、ある程度の貯蓄や、下落時の一括購入資金として現金を増やしておきたいので、今はこの程度の積立に抑えています。

2 使っている証券会社

私が使っている証券会社は、楽天証券・SBI証券、それと持株会用のSMBC日興証券の3社です。

メインは、楽天証券とSBI証券の2社です。

ちなみに以下の通りに使い分けています。

楽天証券

  • つみたてNISA:eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  • 投資信託:iFree レバレッジ NASDAQ100

SBI証券

  • iDeCo:eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  • 米国ETF:VIG

楽天証券もSBI証券もどちらもおすすめできる証券会社だと感じています。

ただ、それぞれに特徴があるので、制度や積立商品によって証券会社を使い分けています。

①楽天証券を使う理由

1 月50,000円まで、投資信託の積立で1%のポイントが還元されるから

私はつみたてNISAで40,000円(増額設定含む)、加えて投資信託で10,000円の計50,000円を楽天証券で積み立てています。

楽天証券では、楽天カードでのクレジット決済の設定を行うことで、月50,000円まで1%の楽天ポイント還元を受けることができます

なので、つみたてNISAの上限枠年間40万円になるような積立投資と、残りの額を他の投資信託に積立投資して月50,000円の積立ができるように設定しています。

投資信託を積み立てているだけで500ポイントもらえるのは結構嬉しいですよね。

楽天証券HP インフラマンのログイン画面

これは今現在の私の設定画面です。

こんな感じでクレジットカード決済が設定されていれば大丈夫です。

2 楽天SPUの対象になるから

また、楽天証券で楽天ポイントを1円以上使用して月に500円以上の積立投資を行うと、その月のSPU倍率が+1倍されます。

なので、つみたてNISAの積立額40,000円分の内訳は、

  • 楽天カード:39,999円
  • 楽天ポイント:1pt(1円)

に設定しています。

引用元)楽天証券HP:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/campaign/spu/

これは楽天証券HPにも紹介されている方法です。

ポイントを500円分使わなくても、現金とポイント合わせて500円以上投資信託を購入すれば大丈夫ですよ

ちなみに、自分がどのような設定をしているかは、楽天証券HPから確認することができます。

私の設定状況はこんな感じです。

楽天証券HP インフラマンのログイン画面

楽天証券HP インフラマンのログイン画面

自分の設定を確認する場合は、楽天証券のHPメニュー右端の「ポイント投資」>「ポイント設定」というところに進んでみてください。

②SBI証券

1 iDeCoで選べる商品ラインナップが楽天証券よりも多かったから

私はiDeCoをSBI証券で始めましたが、楽天証券でも特に大差はないと思います。

ただ、iDeCoで選べる商品ラインナップが楽天証券よりも多かったため、SBI証券にしました。

また、つみたてNISAで積み立てている、「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」がSBI証券の商品ラインナップに入っていたことが、決め手でもあります。

ちなみに2021年8月現在の商品ラインナップはこんな感じです。

楽天証券SBI証券
商品名商品名
国内株式三井住友・DCつみたてNISA日本株
たわらノーロード 日経225 など
6ニッセイ日経平均インデックス
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) など
6
国内債券たわらノーロード国内債券 など2eMAXIS Slim 国内債券1
国内REIT三井住友・DC日本リート など2ニッセイJリート1
外国株式楽天・全米株式インデックス 
たわらノーロード先進国株式 など
5eMAXIS Slim (全米・先進国・新興国)
ニッセイ外国株式インデックス など
10
海外債券たわらノーロード先進国債券 など4eMAXIS Slim 先進国債券 など4
海外REIT三井住友・DC外国リート1三井住友・DC海外リート1
全世界株式楽天・全世界株式インデックス など2eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
SBI・全世界株式インデックス など
4
コモディティステートストリート・ゴールドファンド1三菱UFJ純金ファンド1
バランス型楽天・インデックスバランス など5eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
など
4
その他
(預金含む)
楽天ターゲットイヤー など4セレブライフ・ストーリー など5
合計3237
インフラマン作成

楽天証券のラインナップには、たわらノーロードシリーズや、楽天全米株式・全世界株式インデックスファンドが入っています。

楽天全米株式・全世界株式インデックスファンドは、楽天証券の取扱金額の上位にも入っている人気の投資信託です。

それに対し、SBI証券のラインナップには、eMAXIS Slimシリーズや、SBI・全世界株式インデックスファンドが入っています。

私はつみたてNISAを、eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) に設定していたのでiDeCoも馴染みのある銘柄にしようと思い、SBI証券でiDeCoを始めることにしました。

正直どちらで始めても良いと思います。(笑)

2 米国株・米国ETFを購入する際にはSBI証券の方がコストが抑えられるから

米国ETFであるVIGも月に1口ずつ積み立てています。

米国ETFや米国株は、ドルで買付を行いますので、どこかの段階で日本円からドルへの両替をする必要があります。

その際には為替手数料がかかるのですが、それは証券会社や銀行によっても変わってきます。

楽天証券やSBI証券で「円貨決済」を選択し、米国株や米国ETFを購入すると、日本円から米ドルに両替する際の為替手数料が1ドルあたり25銭(0.25円)かかります。

円貨決済を選択すると、証券会社が両替を代わりにやってくれた上で、商品の購入をしてくれるので楽ですね。

一方、SBIグループの住信SBIネット銀行では円から米ドルに両替するのに、1ドルあたり4銭(0.04円)しか為替手数料がかかりません。

ですので、あらかじめ住信SBIネット銀行で両替したお金を使って、SBI証券で「外貨決済」を選択し、米国株や米国ETFを購入したほうが、為替手数料を抑えることができます。

なのでVIGの積立は、住信SBIネット銀行で両替→SBI証券で購入という流れで行っています。

ただし、あらかじめ米ドルに両替するということは、その分為替リスクにもさらされることにもなります。

手数料が抑えられても、円高・ドル安になってしまうとその分損してしまう可能性もあるので、注意が必要です。(逆に円安・ドル高になれば得になります)

3 まとめ

今回は、私の積立投資について、証券会社と銘柄・金額をメインに紹介しました。

楽天証券かSBI証券で投資を始める方はかなり多く、私の周りの方も楽天証券やSBI証券を使っている人ばかりです。

私も使っていて、どちらも特に不満があるわけではないので、最初はこの2つのどちらかの証券会社の口座を開設してみると良いと思います。

私も積立投資を始めたばかりですので、銘柄や積立額はどんどん変わっていくと思いますが、最初はこんな感じで始めています。

一度積立始めたら基本的にはずっと持っておくという気持ちで購入したので、長い目で値動きを見ていきたいと思います。

——————————————————

○月に78,000円、手取りの40%を投資

○楽天証券とSBI証券がメイン口座

○積み立てている銘柄

  • つみたてNISA:eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  • iDeCo:eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  • 米国ETF:VIG
  • 投資信託:iFree レバレッジ NASDAQ100

タイトルとURLをコピーしました