【書評】「ビジネスエリートになるための教養としての投資」|どんな年代にもおすすめの投資本!

書評
スポンサーリンク

今回は、農林中金バリューインベストメンツCIO奥野一成氏の著書、「ビジネスエリートのための教養としての投資」をご紹介します。

社会人のみならず、高校生や大学生でも金融リテラシーの基礎をわかりやすく学べる本になっており、おすすめできる本です。

投資に関してだけでなく、ビジネスの仕方や自己研鑽などにも触れており、日々の活動のモチベーションが上がるような内容になっています。

○おすすめできる人

  • 投資家とは何かについて学びたい人。
  • 自分のキャリア形成へのヒントを得たい人。
  • 学生だけれども、社会人として働く前に投資について知識を持っておきたい人。

スポンサーリンク

1 この本を手に取った理由

悩み:金融リテラシーを持っていないということ

FIREを目指してはいるものの、それに向けた投資に関しては全く知識がありませんでした。

投資関連・金融リテラシーの勉強になる本を探していたところ、この本を見つけ購入しました。

本の題名にある、「ビジネスエリートになるための」という部分は、まさにこの本の特徴だと思います。

ビジネスマンとしての成長が期待できそうなこのタイトルは、多くの会社員に刺さるのではないでしょうか。

2 本のまとめ

筆者のメッセージ

この本は、

投資をすることがビジネスパーソンとしていかに大事なことであるか、を説いた本になっています。

なぜなら、「投資」という行為は、様々な事実から自分なりに仮説を立て、その会社の将来に期待し資産を預けるという点で、「ビジネス」と非常に似ているからです。

「投資」に必要な知識や教養は、「ビジネス」においても必要なものなのです。

筆者はこの本を読むことで、「投資家の思想」を持ち、資本主義社会で活躍することを願っています。

本書の構成

この本は大きく分けて、

  1. 投資家の思想を持つ重要性
  2. 筆者のキャリアについて
  3. 投資に対する日本の現状
  4. 投資法について

という構成になっています。

3 読んで良かったと思う部分

1 投資家の思想を持つ重要性

筆者は、「投資家の思想」を持つことを説いています。

なぜなら、これから高齢化が進み長生きすることとなっても、自分で人生を切り開いていき、安定した豊かさを得ることができるからです。

人に振り回され、人の決めた人生を生きることは、辛いものがあると思います。

では、どうすれば投資家の思想を持つようになるかというのを本書では説明しています。

最初は受動的な労働者1.0で、視野の狭い生き方になっています。そこから、主体的な労働者2.0へ考えを変えていき、ゆくゆくは資本家や投資家の思想を持っていければ、自分の人生の選択肢がどんどん広がっていきます。

労働者1.0労働者2.0資本家
マインドセット他人に働かされている自分で働いている他人を働かせる
スキルセット「対応」する力行動」する力「構想」する力
接点・人間関係自分の職場のみ自社全体・顧客・業界社会全体・コミュニティ
働き方単に自分の時間を売る自分の才能を売る他人の才能を利用する
投資への考え方投資しない自己投資から長期投資へ長期投資
本書p.24を基にインフラマン作成

まずは、労働者1.0から労働者2.0を目指す過程で、主体的に行動する意識を持ち、そこから自己投資や長期投資に精を出していくことが重要です。

このことから、FIREを目指そうという思いはあっても、自発的に投資や勉強を重ねていかなければ、達成は難しいということを改めて、感じさせられました。

また、それに向けて時間をどう使っていくかということも説明されており、考え方を変えるきっかけとなりました。

2 投資法について

本書の後半では、筆者の投資哲学について触れられています。

その中では、

  • 「投機」と「投資」は違う
  • 永久に保有するつもりで株式を購入する
  • 自分で仮説を立てる

と言ったことがポイントとして挙げられており、とても参考になりました。

「投機」と「投資」は違う

筆者は本書で、「投機」と「投資」の違いについて以下の通り述べています。

投資(オーナーシップ)投機(マネーゲーム)
焦点価値」を見極める将来の「価格」を予想する
行動価格<価値の時に買う現在の価格<将来の予想価格の時に買う
性質プラスサムゼロサムまたはマイナスサム
本書p.120を基にインフラマン作成

この違いを上げる中で筆者は、「投機」は悪ではなく、存在しても良いものとしています。

例えば中には、ゼロサムゲームと呼ばれるFXなどで利益をあげている人もいます。

FXは将来の二国間の通貨価格を予想し取引を行いますが、二国間の通貨価格が同時に上昇することはないので、一方は儲け、他方は損をし、総和がゼロになるゼロサムゲームとなります。

ただ、筆者の「投資」対象とする株式は、価格<価値の時に、企業価値が将来にわたって高まっていくことを予想し、取引を行います。

企業価値が高まり、それを反映する株価が上昇すれば、各投資家がそれぞれ儲けることができる、プラスサムゲームとなります。

筆者は、持続的にお金を殖やす手段として、「投資」を推奨しています。

私も積立NISAなどで長期投資を行うことを目標とし、積み立てています。

全世界株式や、全米株式など分散しつつ、これからも安定的に少しずつ成長していきそうなところに投資していこうと考えています。

永久に保有するつもりで株式を購入する

2つ目のポイントは、永久に保有するつもりで株式を購入するということです。

先に述べた「投資」を行う中では、企業価値が高まっていき、永続的に利益を出せる会社に投資をすることが重要になってきます。

その永続的に利益を出せる会社を見つけるコツとして、「構造的に強靭な企業®︎」(農林中金バリューインベストメンツ株式会社の登録商標)を探すことをおすすめしています。

その基準は以下の3つです。

  • 高い付加価値
  • 高い参入障壁
  • 長期潮流

この3つの要素を持っていれば、その株式を保有し続けられると考えられます。

この要素の具体例なども本書には説明されているので、自分の気になる銘柄に関しても同じように考えるきっかけとなると思いました。

自分で仮説を立てる

先に述べたように、時代の流れはどんどん変化していきます。

これからも参入障壁を崩されずに利益を出していけるかを分析していかなければなりません。

その分析には、その会社に係る数値だけを見るのではなく、自分なりに仮説を立て判断する必要があります。

世の中には様々な情報が氾濫しています。

その中で情報を取捨選択し、必要な情報から自分なりに仮説を立て検証していくことが大事であると筆者は述べています。

4 考えたこと

今回は、「ビジネスエリートになるための教養としての投資」の書評でした。

今回紹介した中の、「主体的に行動する」、「仮説を立てて検証する」といった部分などは、正にビジネスにも通ずる部分であると思います。

FIREを目指し始めた方も、そうでない方も、ビジネスパーソンとして成長していくためにも投資は勉強しておいて損のないものであると改めて思いました。

その中で、長い目線で利益を生み出せる会社に投資し続け、FIREに近づくことができれば一石二鳥ですね。

この他にも、売りを意識するタイミングや、インデックス投資・アクティブ投資への筆者の意見など参考になる部分も多いので、長期投資に対して興味のある人はぜひ読んでみることをおすすめします。

また、筆者の歩んできたキャリアも紹介されているので、FIREに興味がない人にもおすすめです。

——————————————————

○「投資」と「ビジネス」に必要なものは似ている

○投資家の思想を持つ

○投資の中の意識

  • 「投機」と「投資」は違う
  • 永久に保有するつもりで株式を購入する
  • 自分で仮説を立てる

タイトルとURLをコピーしました