【A8.net・セルフバック】三井住友カード(NL)を申し込む方法を詳しく解説します

その他

今回は、A8.net経由で三井住友カード(NL・ナンバーレス)をセルフバックで申し込んだので、その紹介をしていこうと思います。

申し込みに際しての注意点も詳しく解説していますので、参考になれば嬉しいです。

まだ、A8.netに登録していないという方は、下の記事を参考にA8.netに登録してからセルフバックを進めていきましょう!

○この記事をおすすめできる方

  • セルフバックのやり方が分からない方
  • 三井住友カードをセルフバックで申し込もうと考えている方
スポンサーリンク

1 セルフバックのやり方

早速ですが、A8.netのセルフバック案件で、三井住友カードを申し込む方法について解説します。

1 A8.netにログイン後「セルフバック」を選択

セルフバック」を選択します。

2 「三井住友カード」を検索

セルフバックの検索画面で、「三井住友カード」の案件を検索します。

3 「セルフバックを行う」をクリック

案件を選択したら、「成果条件」、「否認条件」を必ず読みましょう。

否認条件に不正行為が入っているのは想像しやすいと思いますが、今回の場合、

  • MasterCardの申し込み
  • 家族カードの申し込み
  • テキストリンク『クレジットカードなら三井住友VISAカード』からの申し込み

も否認条件に記載されているので、注意が必要です。

インフラマン
インフラマン

条件をよく確認しないと、あとで後悔するので絶対に確認!

内容をよく確認したら、「セルフバックを行う」から手続きを行っていきます。

4 三井住友カードのHPから「即時発行」を選択

「セルフバックを行う」を選択すると、三井住友カードのHPに飛ぶので、そこから「即時発行」を選択し手続きしていきましょう。

ちなみに、主に以下の場合は即時発行できないので、注意が必要です。

  • 9:00〜19:30までに申し込みが完了しなかった場合
  • 口座振替設定が完了しなかった場合
  • 入力内容に不備がある場合

他にも即時発行できない理由があるので、気になる方はこちらから確認してみてください。

5 注意事項を確認し進む

注意事項を確認し、進んでいきましょう。

進むと、さらに確認画面が出てくるので、確認して先に進みます。

6 本人情報を入力

本人情報を入力していきます。

7 カードブランド・暗証番号・支払日の設定

カードブランドは、「VISA」か「MasterCard」を選択できますが、必ず、「VISA」を選択しましょう!

インフラマン
インフラマン

デフォルトで「VISA」が選択されているので、そのまま登録しましょう。

8 借入希望枠・「マイ・ペイすリボ」の設定

借入希望枠(キャッシング)ですが、基本的には、「入会後検討」を選択するのが無難でしょう。

キャッシングを選択すると、カードが到着するのが遅くなります。

また、「マイ・ペイすリボ」と呼ばれるリボ払いも申し込まなくて良いでしょう。

インフラマン
インフラマン

申し込むとキャンペーン特典がもらえる場合がありますが、今回は割愛します。

9 カードデザインを決め、金融機関の設定に進む

好みのカードデザインを選んだら、口座振替に使用する金融機関を登録します。

10 金融機関の設定

「同意して次へ」を押すと、選択した金融機関のwebサイトに飛ぶので、情報を入力していきます。

入力が終了したら、本人確認書類の提出に進みます。

11 本人確認書類の提出

運転免許証やパスポートなどの書類を用意しましょう。

12 審査状況紹介画面に進む

本人確認書類を提出すると、手続きは終了です!

登録したメールアドレスに申し込み番号や、審査の状況などが送られてくるので、チェックしておきましょう。

2 即時発行できない場合は?

私は、即時発行を選んで手続きをしていましたが、その後すぐに、即時発行できない旨のメールが届きました。

インフラマン
インフラマン

メールには、なぜ即時発行できなかったかの理由については書いてありませんでした…。

そのため通常発行という形になりました。

○即時発行と通常発行の違い

即時発行は、クレジットカードが発行される前に、クレジットカード番号が確認できる発行形式です。

番号がすぐにわかるので、そのままECサイトなどでお買い物をすることができます。

通常発行は、他のクレジットカードと同じように、申し込みから何日か日が空いてクレジットカードが手元に届きます。

インフラマン
インフラマン

すぐに使う用事がなければ、通常発行でもいいのかなと思います。

私は結局即時発行できませんでしたが、特に追加で情報を入力したり、書類を送付することなくクレジットカードが送られてきました。

不備等はなくても即時発行できない場合があるようなので、注意が必要です。

3 カード発行までに実際にかかった時間

私は2022年1月19日に申し込みを完了しました。

その直後に即時発行できないという旨のメールが届きましたが、その後1月25日にカード発送完了のメールが届くまでは、特にメールは来なかったです。

その後、1月26日にカードや会員規約が入った封筒が届いていました。

ですので、申し込み完了からカード到着までにかかった時間は1週間ということになります。

HPでも「1週間でカードお届け」と記載されているので、通常通りの時間でカードが到着しました。

結構早く届くんだね!

4 まとめ

今回はA8.netのセルフバック案件で、三井住友カード(NL・ナンバーレス)を申し込みました。

手順は簡単ですが、セルフバックならではの注意点もあるので、注意しながら進めていく必要がありますね。

ブログをやっている人の特権だと思うので、積極的に挑戦していきたいですよね。

他のクレジットカードにも同じような案件があるので、そちらもチェックです!

——————————————————

○セルフバックは難しくない

○ただ、条件をよく読まないと失敗する可能性も

○ブロガーの特権を積極的に使っていきましょう

その他副業
スポンサーリンク
にほんブログ村
あなたのクリックが励みになります…。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村
あなたのクリックが励みになります…。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
この記事を書いた人
インフラマン

インフラマンと申します。
当ブログをご覧いただきありがとうございます。
Twitter・ブログでFIREまでの軌跡を発信中です。
(上の名前からプロフィールページに飛べます)

インフラマンをフォローする
インフラマンをフォローする
インフラマンの投資録
タイトルとURLをコピーしました