考えておかないと後悔するかも…積立投資を始める前に確認した方が良いこと

株式投資
スポンサーリンク

今回は、私が積立投資を始める前について考えたこと・調べたことをお話ししていきたいと思います。

何も知らない状態から始めたので、積立投資を始める前には色々と調べて、自分の中で考えてみました。

これから積立投資を始めてみようと考えている人の参考になれば嬉しいです。

ちなみに、積立投資に使用している証券会社は以下の記事で紹介しているので、気になった方はこちらも見てみてください。

○おすすめできる人

  • まだ積立投資をしていないけれど、積立投資に興味がある人。
  • 社会人になって投資をしてみたいけれど、ちょっと投資が怖い人。
  • 投資をしている中で他の人の考えも知りたい人。

スポンサーリンク

1 積み立てている銘柄と金額

私は、毎月こんな感じで積立をしています。

  • つみたてNISA:eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)  40,000円
  • iDeCo:eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)  12,000円
  • 米国ETF:VIG  1口
  • 投資信託:iFree レバレッジ NASDAQ100  10,000円

ちなみにつみたてNISAは2021年の3月から積立開始したので、2021年度は月割りにすると月40,000円積み立てています。

またVIGに関しては、この記事を書いている時点で、VIG1口=160ドル、1ドル=110円なので、月に約17,000円程度積み立てていることになりますね。

ですので、合計すると月に79,000円ほど積み立てていることになります。

本業の月の手取りが20万円ほどなので、給料の40%程度を積立投資に回しています

本当はもう少し(50%程度まで)投資比率を上げたいのですが、ある程度の貯蓄や、下落時の一括購入資金として現金を増やしておきたいので、今はこの程度の積立に抑えています。

2 積立投資を始める上で意識したこと

私は銘柄としては、

  • eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  • VIG
  • iFree レバレッジ NASDAQ100

の3銘柄に積立投資しています。

そして最初に積立投資を始める上で意識したのは、以下の3つです。

  • 月にいくら積み立てていけるのか
  • ドルコスト平均法で、長く積み立てていく
  • コアサテライト戦略

① 月にいくら積み立てていけるのか

始める上で意識したことの1点目は、「月にいくら積み立てていけるのか」を明確にしたことです。

つみたてNISAとiDeCoは、制度面を調べた上で最大限に活かしたいと考えていました。

ただつみたてNISAのメリットを最大限に活かすのであれば、20年間積立を続けることになりますし、iDeCoは60歳まで、掛金を原則引き出すことができない制度です。

そのため、積立投資を始めるには、本当に積立を続けていけるか月々の収支を分析する必要がありました。

マネーフォワードで月々の収支を見てみると、つみたてNISAとiDeCoの積立は毎月確実にしていけるという自信がついたので、積立投資を始めてみることにしました。

やはり投資をする前に、まず月々の収支の把握→支出の最小化ができていないといけないなと改めて感じています。

そうでないと途中で積立をやめてしまったり、資産形成の途中で引き出してしまう恐れがありますよね。

② ドルコスト平均法で、長く積み立てていく

始める上で意識したことの2点目は、「ドルコスト平均法で、長く積み立てていく」ということを再確認したことです。

定期的に、継続して、一定金額ずつ金融商品を購入する投資手法のこと。毎回定額投資をすることで、価格が安いときには多く、高いときには少ない量を自動的に購入することになり、一定量ずつ買い付けたときに比べて平均買い付けコストを低く抑えられる効果を期待できる。ただし、相場が急激に上昇する局面では、一定金額しか投資できないため、一括購入に比べて収益性で劣るという欠点も指摘されている。

引用元)野村証券HP 「証券用語解説集(ドルコスト平均法」:https://www.nomura.co.jp/terms/japan/to/dorukosu.html

積立投資は、価格が高い時も、安い時も一定の金額を買い付けるため、長いスパンで見れば平均買付単価はその値動きの中に収まることになります。

利益という面で見れば、価格が安い時に一括投資をして、高い時に売却するのが一番効率が良いということは当然です。

しかし、投資初心者にとってそんな最適なタイミングを図ることは不可能だと思います。

なので、時間をかけて値動きが右肩上がりになることを信じ、じっくりと積立投資をしていくことが初心者にとっては簡単でかつ効果の高い方法だと思います。

もちろん投資をしていれば、暴落が今後訪れると思います。

しかしその時にも、「平均取得単価が下がって嬉しい!」くらいの気持ちで投資を続けていかなければ、積立投資の意味がありません。

ドルコスト平均法の理論からいくと、価格の下がった時に投資をやめてしまうことが、積立投資において一番やってはいけないことです。

ですので今後暴落が起こっても投資を続けていくぞ、ということを再確認する必要があると思っています。

③ コア・サテライト戦略

始める上で意識したことの3点目は、「コア・サテライト戦略」です。

保有する資産をコア(中核)部分とサテライト(衛星)部分に分けて考え運用すること。コア部分は長期かつ安定的に運用し、サテライト部分はコア部分よりも高いリターンを求めて積極的に運用する。コア部分とサテライト部分をバランスよく保有することで、資産全体としてのリスクやコストを抑えつつ、市場平均よりも大きいリターンの確保を目指す。

引用元)野村証券HP「証券用語解説集(コア・サテライト戦略)」:https://www.nomura.co.jp/terms/japan/ko/A02578.html

投資にも色々な種類がありますが、安定だけ求めていても資産はあまり伸びませんし、かといって冒険的な投資に全力を尽くすのも怖いと思います。

なので、自分の中で比較的安定した投資先と少し冒険した投資先に、資金を分散して保有しておくのがコア・サテライト戦略です。

20代の私は投資信託・ETF・個別株・仮想通貨というところに投資をしていますが、債券などに比べるとそもそも高めのリスクをとって運用しています。

その中で、コアとサテライトを分類するのであれば、

○コア

  • eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  • VIG

○サテライト

  • iFree レバレッジ NASDAQ100
  • 仮想通貨(ビットコイン・スポットで購入)
  • 個別株(スポットで購入)

という形になるかと思っています。

コア・サテライト戦略のイメージ

コアの部分は、つみたてNISAやiDeCoが含まれているので、緩やかな成長が続くと思われる全世界株式や、全米の10年以上連続増配している企業に投資をするVIG、が当てはまるかと思います。

金額としては月々の積立投資の中の85%くらいです。

一方サテライトの部分は、レバレッジをかけたNASDAQ指数への投資になっています。

今後も右肩上がりで上がっていくとは思っているのでレバレッジをかけているのですが、値動きが激しいので全力での投資はしていません。

また、仮想通貨や個別株にも少し投資しているのですが、投資信託よりもリスクは高いので、金額は抑え目にしています。

このコアとサテライトの分類は、人によっては「全然違う!」という方もいらっしゃるとは思いますが、自分の中の心の持ちようとして設定しています。

もう少し歳をとり、運用額が増加してきたら債券などへの移行も考えていきたいと思います。

3 まとめ

今回は、私が積立投資を始める前について考えたこと・調べたことについてお話ししました。

かなり悩んで積立投資を始めたのですが、これが最適解かどうかは分かりません。

5年後・10年後世界がどうなっているかは誰にも予想できないので、自分が色々と考えて納得した銘柄に投資するべきだと改めて感じました。

また、一度始めたら続けるという覚悟を持って始めるのが大事かと思います。

——————————————————

○積立投資の銘柄

  • つみたてNISA:eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  • iDeCo:eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  • 米国ETF:VIG
  • 投資信託:iFree レバレッジ NASDAQ100

○積立投資を始める時に意識したこと

  • 月にいくら積み立てていけるのか
  • ドルコスト平均法で、長く積み立てていく
  • コアサテライト戦略

○続けられそうな金額から始めてみて、投資し続ける覚悟を持つ

タイトルとURLをコピーしました